新入社員の研修で目が合ってから意識して

大学を卒業して就職が決まった会社で、新入社員の研修がありました。
そこで男女半々くらいの同期がいたのですが、あった瞬間から意気投合していたのが今の彼氏です。

研修の最終日に会社主催の食事会があって、社長や専務も出席していました。
メニューの中に甲殻類があり、甲殻類のビジュアルが苦手だった彼は、前の上司と会話しつつ顔面蒼白になりながら必死で海老と戦っていました。

「オレ、生まれて初めて海老食べた・・・」って、帰り道に半べそかいてました。
その姿を見て母性本能がくすぐられてしまったんですかね。
その日を堺に、彼のことが気になってしょうがなくて、何やかんやとお互いメールで連絡取り合うようになっていました。

3ヶ月くらいして「メシ行こうぜ!」って誘われたのですけど、みんないるのかと思って行ったら、彼と二人っきりでした。
告白の言葉は「オレ、お前のこと好きだよ」って超ストレート!
涙目で海老を食べてる姿とは大違い、男らしくてめちゃくちゃかっこよかったです。

友達がいる素晴らしさとありがたさ

友達はやっぱり良いものです。
仕方なく付き合っているような義務的な関係ではだめです。
素のままで何でも話せて、そして元気になれるような友達がやはり理想です。

男性の方であれば、ちょっと時間を作って一緒にお酒が飲めるようであれば嬉しいですね。
会社の愚痴や理不尽についてなんかも、気軽に話せたり笑うことができる相手は一人は欲しいところです。
女性であれば、喫茶店でコーヒーを飲みながら、あれこれ気軽な話ができる人がいるときっとシアワセ。
たったこれだけで、心が軽くなったり前に進むことができたりするのです。
子育てをしていれば、次から次へと色んなことがあるものです。
仕事を持っている女性も同じだと思いますし、ご近所付き合いに戸惑っている方なども、相談できる相手がいると乗り越えられるものです。
こうやって、お互いに色んなことを話しながら励ましたり勇気付けたりして、山を越えて行くものなのかもしれません。
でも、友達はそんなに簡単にできるものではありません。
どんなに優秀な方であってもお金持ちの方であっても、それとこれとは全く違います。
友達は、誰にでも平等に与えられた自分で作って行くべきチャンスなのでしょう。
どんな素敵な出会いがあっても、友達になれる人となれない人もいますし、どん底にいた時に結んだ温かい縁によって作られた友情もあるかもしれません。
私には、本当に良い友達がいます。
私の財産であることは間違いありません。
せっかくこの世に生まれてきたのですから、一人でも良いから誰かと良い友人関係になりたいものです。

»