研究するカップル

一緒に何かを研究するカップルに憧れる。
たとえば、大学や大学院の研究室で一緒だったメンバーの中からカップルが誕生するのも良いが、大人になってから趣味の分野で研究に勤しむアカデミックなカップルが良いのだ。

たとえば、北欧家具の造りやデザインの歴史を勉強している中学時代の女友達がいて、椅子デザイナーの彼と去年結婚した。
家具屋巡り好きが高じて、イタリアに旅行に行ったりしているそうだ。
子育てをはじめてからはなかなか趣味の話はできないが、家の中には二人の感性でコツコツと集めてきた素敵な北欧家具がたくさんある。

まだ赤ちゃんだが、子どもがお絵かきをするための椅子を今二人でデザインしているところだそう。
また、日本酒が好きな友達は一人で酒蔵開きツアーなどに参加していて、そこで同じく一人で来ていた男性と意気投合。
ただの趣味レベルではお互い無かったらしく、かなりディープな会話が出来て楽しいらしい。

東日本大震災で被害を受けた酒蔵を応援するために、二人揃ってファンドに出資していると聞いた。
先日プロポーズを受けたらしく、結婚式では日本酒出すからね!と報告してくれた。
また、エジプト文化にはまっている友人は、長らく博物館には一人で足を運んでいたが、今は年下の彼と二人で行っているらしい。

彼ははじめ全く興味がなさそうだったが、精巧に出来た当時の出土品などに心を奪われてエジプトファンになったらしい。
まだ見ぬ何かを見たい!知りたい!そんな共通の好奇心があるカップルはきっとうまくいく。
アカデミックなデートは二人の絆を強くしてくれるものである。

理系男子と文系女子のお付き合い

今まで全く気にしてこなかったのですが、ふと男友達が口にした言葉が衝撃的で忘れられません。
それは何かというと「本当にお前って文系な頭しているよな!」と言われたことです。

文系な頭って何と思ったのですが、ちょうどそれは彼氏とうまくいかずに悩みを相談しているときに言われた言葉だったので、とても私の胸に残りました。
そして、男友達も私の彼氏も理系の学部を専攻していたのです。
もちろん、私は文系。
でも、恋愛の悩みを相談していて、理系や文系なんて関係があるのか分からない私。
あれからずっと考えています。
でも、ふと今日彼氏と会っているときにこんな会話をしたのです。
「それでね、あの子ったら私にこう言うからさ、私は違うと思って、でもどう伝えたらわかるか言葉を選んで話していたんだよ。」と私。
「で…?結局、おまえは何が言いたいの?」と彼氏。
「この会話の過程があるから、その後の話のオチが面白いんだから聞いてよ~!」と私。
「早く結論教えてよ。または、初めにどうなったか言ってから、過程を言ってくれてもいいけど、待ってられない。」と彼氏。
確かに女性の話はみんな長いと言うかもしれません。
でも、その話のほとんどを省略して、結論だけを話せという彼氏とどうやってうまく付き合っていけばいいのでしょう。
この時に、きっと理系男子としての特徴「結論を的確に伝えてほしい」ということがわかったのです。
相反して私は「その過程をも含め、結論に味わいが出て、面白さが伝わりやすい」という考え方なのです。
結構、自分の意見を結論しか言わないので、私にとっては略しすぎだと思うところもあるし、彼氏から見たら私はなかなか話が進まず、話のポイントが曇って見えづらくなってしまうと思うのかもしれません。
男女の関係って難しいとは思っていたのですが、さらにそこに理系、文系まで関係しているとすれば、最後にはどちらかがやはりどちらかに合わせるという「妥協」?というべきか「譲歩」?というべきか、歩み寄らなければいけないのかもしれません。

«
»