守ってくれる人

アルバイト代で見栄を張って居酒屋に行こうとしたのですが、私のアパートで安く済ませようとお姉さんは言ってくれたので、
ビールを大量に買い込んで部屋に向かいました。

この時から、目の前の髪の長く腰のセクシーな女性と関係を持てるのではないかとドキドキしていたの覚えています。
アパートについて缶ビールで乾杯。
話は自分の学校の愚痴やお姉さんの仕事の愚痴。

盛り上がるにつれ二人の距離は近くなりました。
私は拒否された時にどうしようかとも考えずに、彼女に唇を重ねました。
お姉さんは一言
「守ってくれる?」
そう口にすると身体を任せてくれました。

その夜は激しく、空が白く明るくなる頃まで身体を重ねていました。
それから僅かな睡眠を取った二人は食事をとって、解散しました。
別れ際の
「優しくしてくれてありがとうね」
その言葉は若い私を上機嫌にさせるものでした。

また会いたいと思いました。
また何度もこの不思議な所のあるお姉さんに会いたいと思いました。
ですが、この女性から連絡が来ることも連絡が帰ってくることもありませんでした。

そして半年後、彼女からメールが来ました。
「守ってくれる人、見つけた」
そうなのか。
そう思い。本当にこの女性に会うことは二度と無いのだろうと考えました。
私の胸には爽やかな不思議な余韻が残っていました。

アダルト無修正動画
無修正動画と裏DVDのサンプル動画サイトを集めたアダルト動画サイトリンク集
dougahakkutsu.com/

«
»