長時間ドライブ

長時間ドライブをしていると、会話が尽きることがある。
私は話し好きだし、音楽が好きなので、あまり困ることがないが、渋滞などで予想以上に時間がかかるときは「しりとり」していた。

最近はあまりしていないが、若い頃は車を買ったばかりの男の子はやたらとドライブデートを推してくる。
行ったは良いが時間がかかるな〜というときに、しりとりを提案する。
ペーパードライバーの私は、大変申し訳ないが運転を代わってあげられない。

せめて、ドリンクを買ったりするしかなくて、眠気を飛ばすことも重要な手伝いだと思ってしりとりを提案していた。
子どものとき以来してないな〜とか話ながら始めると、気がついたら2時間くらいずっとしていたことがあった。
家の前に着いたときに、車を降りるのが名残惜しいと思うくらい二人の仲が近くなった気がする。

部屋に入ってからお礼のメールをするが、「る、る、ルーマニア!」としりとりのう続きもする。
「今日はありがとう、おやすみなさい」だけでなく、まだコミニュケーションを取っておきたいな、というときにしりとりは良いツールなのだ。

他にはドライブデートでは音楽を大量に持っていくことにしている。
昔はCDやMDを持参していた。
飽きるのでディスクファイルに10枚ほど入れていく。

同年代であれば確実に反応するであろう懐メロを中心に持っていくと、かなりテンションが上がるし、距離が近づく気がする。
年上でもおそらくここらへんかな?というのを持っていく。
すると喜ばれる。

最近はディスクではなくダウンロードなので、もっとたくさんの曲を持っていける。
ダラダラと音楽の話をして、しりとりして、サービスエリアに寄ってと、なんてことないデートが一番楽しい。

»